自分体の健康診断と人間ドックについて

>

タイムリミット

前日の飲食飲酒

健康診断の前日にうっかり飲食や飲酒をしてしまったという方もいると思います。
もし、飲食をしてしまった場合は、時間または日にちをずらすことをお勧めします。
血液検査の場合は血糖値の測定がありますので最低でも3時間は空白の時間は必要です。
病院では前日から絶食と言われていることでしょう。
勿論、それが一番望ましいです。
クリニックや病院によっては5時間以上前に食事はやめてくださいと言われるところもあるでしょう。
それも、体に吸収された数値を見るためですので最低3時間に時間を置くことを考えてプラス2時間。
計5時間という見積もりでしょう。

飲酒はもっと時間が必要で12時間前には摂取は終えていることが望ましいです。
また、飲酒量もアルコール1杯にとどめておいた方がよいでしょう。
それだけ飲酒は体の調子を変化させます。

喫煙、長風呂、風邪薬やサプリ

さらに喫煙や長風呂、市販の風邪薬などについても紹介します。
まず、喫煙についてです。
検査前の喫煙は胃カメラの映像をちゃんと描写できなくなる可能性があります。
また、喫煙は血管を収縮させますので血圧に影響が出ます。
さらに、長年、喫煙をされていると血中のコレステロールにも影響が出てきます。
百害あって一利なしですね。

検査前の長風呂についてです。
検査の不安を解消したいと長風呂をされる方もいると思います。
ですが、体が温まり血管が拡張されます。
すると、腎臓に血液がいかなくなります。
血液の不純物がろ過されないので血液検査の結果がちゃんと測定できません。

最後に風邪薬です。
こちらは、既定の量ならば飲食制限時間内であればOK。
ビタミン剤などのサプリを普段から大量摂取されている場合、尿検査でひっかかる可能性がありますので2、3日前から摂取をやめましょう。


TOPへ戻る