自分体の健康診断と人間ドックについて

意外と知らない?健康診断と人間ドックの異なる点

体を詳しく検査する

健康診断と人間ドックとは似て非なるものです。 何がどの様に違うのでしょうか? 費用や、検査項目、法的執行力なども記載しています。 体を詳しく調べるには人間ドックです。 旅行のパックに入っていて人間ドックをした後美味しいものを食べられる旅のプランも販売されているそうです。

タイムリミット

前日にやってしまいがちの飲酒や喫煙。 勿論、前日に辞めるのが望ましいのですが、うっかり食べてしまった、飲酒してしまったという時、検査結果に影響をお及ぼす最低のタイムリミットを紹介してます。 また、毎日の習慣で飲んでいるサプリメントや体調を崩した時の風邪薬の飲み方もまとめてみました。

検査の違いについて

健康診断と人間ドックは両方とも体を検査するという点で共通しています。
しかし、実際には似て非なる点がたくさんあるそうです。
内科の先生にも詳しく聞いてきました。

健康診断は行政や会社で実施することが多いです。
多くの人を検診するので検査項目もそんなに多くないです。
ただ、一気に沢山の人数が受けるので待ち時間はこちらのほうがながいようです。
主な項目としては、診察や身長、体重、BMI、血圧測定、問診、視力・聴力、尿検査、血液検査、心電図、胸部X線です。
実費で受けると大体5000円から1万円です。
健康診断の際、前日は飲食は夜10時までとよく言われています。
これは摂取したものにより測定数値が大きく変動してしまいます。
もし、うっかり食べてしまったらどうしたらよいのでしょうか?

これに比べて人間ドックは費用が全然違います。
平均大体3万くらいからです。
また、受けたい検査をオプションとして自由に追加することができます。
費用が高い分、人数も少なめですのであまり待つところはないようです。
検査内容としては基本的にはどんなものを受けたいかをオーダーメイドで決めていきます。
一般的には胃カメラやCT、MRI、便検査、超音波検査、PETを希望する人が多いようです。
これらの検査を受けると、臓器のがん、腫瘍などがより鮮明にわかります。
検診とは違い、医療サービスの性格が強くなるため、待遇もこちらのほうがいいです。
何か心配がある、体の隅々まで検査したいという人は人間ドックがおすすめです。
細かく調べてくれるため、最初に予約して日本に旅行に来たついでに人間ドックを受けて帰る旅行者もいるそうです。
ただ、かかる費用が全く違いますから、よくよく考えて受けたいですね。

服装と先生の気持ち

健康診断では検査着が用意されていないところもあります。 その際は自分の服で検査を受けならなければなりません。 では、どのような服で検査に望めばよいのでしょうか? また、大勢の患者の診察を迎える先生のモチベーションはどうなのでしょうか? 先生はどんなことを楽しみに診察しているのでしょうか?

TOPへ戻る